インタビュー 安藤政光

インタビュー 安藤政光

staff_ando1
安藤 政光 Ando Masamitsu 株式会社ライジング 代表取締役

好きな言葉

関わった全ての人が幸せになる

関わった全ての人が幸せになる
株式会社ライジングは
そんな会社を目指します

プロフィール

大学卒業後に大学時代のアルバイト先(他社の銀のさら加盟店)にそのまま就職する。すぐに店長に就任し、メキメキと頭角を現す。1年も経たずに加盟店フォーラムで登壇を果たし、フランチャイズの本部からもオファーをいただく中、2007年6月にライブフードプロデュースに入社する。

インタビュー
  • Q1.ライブフードプロデュースを選んだ理由

    独立希望の自分のために、自分がやりたかった店舗を買い取るから来てくれと言ってくれたので決めました。ただ、買い取り直前になって元のオーナーが売らないと言い始めたのでそのお店では出来なくなってしまいました。社長は「約束が違うから辞めてもいいよ」と言ってくれましたが、そのまま残ることに決めました。

  • Q2.実際に勤めてどうだったか?

    良かったことは、やりたいことをやらせてくれることです。悪いところは、皆バラバラでスケールメリットを活かせてないところです。これから改善します。

  • Q3.現在にいたるまでの経緯(キャリアアップ)

    2007年6月に入社、10月に店長に就任し、その後 12月に統括店長に昇格。
    2008年2月に2度目のフォーラム登壇を経て、2008年7月マネージャーに昇格。
    2009年7月に営業部長に昇格後、2010年7月に事業部長に昇格。
    2011年7月に取締役に任命。2012年1月にライジング設立、同社代表取締役に就任。

  • Q4.今後の目標(ヴィジョン)

    短期間でここまできたので、現状は色々と問題が山積みです。今はまだ自分も部下も兼任している範囲が多く、細かいところまで整備されていません。これから意欲的な人材を確保し、環境を整え、既存メンバーにもっと自発性が生まれれば会社はもっともっと良くなります。そして、10年以内に30店舗で30億規模の会社にしたいと考えています。

  • Q5.求職者へのメッセージ

    ライジングに込めた想いは「成り上がり」です。こんな自分でもアルバイトから4年弱で社長になれました。「誰でも」強く想えば成り上がれる、ライジングはそんな会社にしていきたいと考えています。全ては自分から始まるので、自分の可能性を信じて一緒に頑張りましょう。

こんな事も聞いてみました!
Q.仕事で1番失敗した事は何ですか?仕事で1番嬉しかった事は何ですか?
失敗は店をパンクさせたことです。嬉しかった事は成長した人を見たこと。
Q.誰も負けないと誇れるモノは?
折れない心です。
Q.仕事をする上で1番大事にしている事は何ですか?後輩を育てていく上で大切にしていることは?
「凡事徹底」です。後輩には成功体験させてあげることを大切にしています。
Q.会社の好きなところは?逆に嫌な(変えたい)ところは?
自由な社風です。適当なところは変えたいと思います。
Q.社長(小林会長)はどんな人ですか?
頭が良く、発想が奇抜で、社員に任せてくれます。
Q.社内(店舗)イベントなどはありますか?研修制度は充実していますか?
年2回の全社イベント(パークゴルフ→風呂→飲み→麻雀)、忘年会、新年会があります。研修制度は本部主催の店長研修、外部講師のセミナーがあります。
Q.休日の過ごし方を教えてください。また仕事とプライベートを両立させるコツなんてありますか?
寝ているか、DVD鑑賞、仕事をしています。両立させるコツは両方一緒にやることです!
Q.プライベートでの目標などはありますか?
仕事の成功です!